Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園庭の植物 ~ハリエンジュ~

園庭の南側に「ハリエンジュ」の木があります。
(「ニセアカシア」や単に「アカシア」ともいわれます。)
幹が数メートルと高く伸びている樹木です。

ハリエンジュ

石川啄木や北原白秋の短歌に登場する「アカシア」はこのハリエンジュのことで、
甘い香りのする白い花の並木は、強い雨が降ると
一晩でまるで雪が降ったように道を真っ白に埋め冬くします。

本物のアカシアはオーストラリア産の同じマメ科で、
黄色の花が咲き、寒さに弱く関東南部が栽培の限界なのだとか。

ハリエンジュは枝にとげがあり、エンジュに似ていることから
その名が付けられたそうです。
スポンサーサイト

園庭の植物 ~にわうるし~

園庭の西側砂場付近に「にわうるし」の木があります。
大きな葉が羽状に伸び、大木に成長した1本の樹木で、明るい日陰を作っています。

にわうるし  にわうるしの葉

風がよく抜けて、夏の木陰の涼しさは、格別です。
成長の早い高木で、将来は10~20mの高さに伸びますが、
冬は落葉して日当たりはよくなります。

ニワウルシといえば、ウルシの仲間で触るとかぶれるのではないかと思われがちですが、
ウルシの葉に似ていて付けられた名前のニガキ科の中国原産の植物で、
全く関係なく、心配いりません。別名シンジュともいいます。